採用情報はコチラ

Philosophyリンクイットについて

Link it Happy

私たちが「目指し続ける姿」

幸せの輪を広げよう。

「幸せ」は自分一人で感じるよりも、
他の誰かと共有すればより強く感じられるもの。

こちらも嬉しくなる相手の笑顔
周囲からのありがたい言葉
仲間と分かち合う成長の喜び

幸せを感じ、
相手にも幸せを感じてもらうことが出来たら、
その輪は大きく広がっていくでしょう。
時に訪れる逆境も共に乗り越えれば、
大きな成長や喜び=幸せが待っているはずです。

だれかの幸せのきっかけになれるように。
だれかの幸せを自分の幸せに感じるように。
すべてが幸せへとつながるように。

私たちらしい「あり方」

  • Link it excitement!自ら楽しみ感動をうみだします。

    相手に楽しんでもらうには、
    先ず私たちが楽しむことが必要。
    「楽しむ」には前向きな気持ちと努力が必要です。
    いろいろな失敗や逆境を乗り越えた先に
    本当の意味でのやりがいや楽しさを味わえます。
    常に相手に喜んでもらい、
    私たちの行動が相手の想像を超えた時、
    驚きや感動を生み出す事ができます。
    そのような人物やチームを作り上げることが、
    社会に喜びと感動を与えることに繋がっていきます。

  • Link it thanks!縁と絆に感謝し、行動します。

    今ある環境と周囲の人に感謝し、
    「Link it Happy!」を実現できるよう行動することです。
    お客様、社員、家族、地域、全てのステークホルダー、
    多くの人に恩恵を受けているから、
    リンクイットは成り立っています。
    今の環境は当たり前ではなく、
    過去からの縁と絆のおかげです。
    縁は出会い、最初のつながり。
    絆は作っていくもの、未来へのつながり。
    自ら行動し、恩返ししていきましょう!

  • Link it challenge!変化に挑戦し成長し続けます。

    挑戦しなければ、
    自分の可能性に気づくことが出来ません。
    環境の変化を受けいれ、自ら変化を起こす。
    失敗を恐れず、未来をイメージし行動することが
    経験となり成長に繋がります。

  • Link it contribution!地球環境を考え、
    社会に役立つ行動をします。

    グローバルな社会は
    私たちの生活や仕事とより密接に関連しています。
    会社を運営しつづけるということは、
    社会との繋がりを継続していくということです。
    つまり、社会に必要とされる会社でなければ
    存続しつづけることは出来ません。
    私たちの製品やサービス、
    その他の活動が地域社会の役に立ち、
    地球環境をより豊かにするかを考え行動します。

森 健太郎

株式会社リンクイット / 代表取締役

森 健太郎KENTARO MORI

1973年生まれ。司馬遼太郎の「竜馬がゆく」や横山光揮の「三国志」に影響され、 将来は海外を渡り歩く人になりたいという思いを抱いた氏は、大学を卒業後に北九州の貿易会社に入社。 そこでアパレル部門を担当したことがきっかけで、貿易会社退社後、アパレルの卸をメインにした 会社「ジェイエーシートレーディング」を創業する。2005年に立ち上げ現在全国に59店舗展開している 自社ブランド「Bou Jeloud」は、幅広い層の女性に支持を得ている。

現状維持に固執するのは
愚の骨頂。恐れず挑戦し続ける。

私は『運』について最近よく考えます。
私自身も『運』を持っているとたまに言われますが、それは選り好みをせず多種多様な人と出会ったり、さまざまな場所に足を運んだりした結果なのかな……と。
『運』という字は将軍が軍を指揮をしている様を表しているそうですが、まさにその通りで、自らが動くから運に巡り合えるのだと思います。その場で立ち止まっていても、運はやってきませんからね。
この「働くことで運を掴む」という考えは、私の経営理念にも影響しているように思えます。例えば、売上高が今年度50億円に到達し、アパレル業界の常識では安定期に入ったと考えるようですが、私はそうは思いません。そういう常識に囚われて、足を止めることが一番危険だと考えます。時代は常に動いています。その動きを掴むためには失敗を恐れず、常に挑戦する必要があります。
業界の既成概念に囚われず、先頭に立って前進の指揮をとることは私の本分だと考えます。自身の行動力とバイタリティで、社員を幸せにできるよう、これからも動き続けたいと思います。

Entry応募する

新卒採用 中途採用